キャッシング 比嘉愛未主演「飛べ!ダコタ」がモントリオール世界映画祭に出品決定 - 芸能界の気になるニュース集めて配信

比嘉愛未主演「飛べ!ダコタ」がモントリオール世界映画祭に出品決定 - 芸能界の気になるニュース集めて配信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比嘉愛未主演「飛べ!ダコタ」がモントリオール世界映画祭に出品決定

 [映画.com ニュース] 女優の比嘉愛未の初主演映画「飛べ!ダコタ」が、8月21日〜9月1日に開催されるモントリオール世界映画祭のフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品されることが決定した。

 実話をもとに、第2次世界大戦の終戦から5カ月後、新潟・佐渡の小さな村に不時着した英国軍要人機・ダコタの乗組員と村人との40日にわたる交流を描いたヒューマンドラマ。戦後の貧しい混乱期にありながら、村人たちが窮地に陥った英国人を助ける様子から、言葉や文化を越えた絆や、助けあいの精神、無償の愛を描き出した。比嘉をはじめ、窪田正孝、柄本明、ベンガル、洞口依子、芳本美代子、螢雪次朗、園ゆきよらが共演し、本作が映画での初メガホンとなった油谷誠至監督が足かけ2年を費やし完成させた。

 佐渡でオールロケが行われた本作は、昨年9月7日に新潟での先行上映を経て10月5日に全国23館で封切り、今年3月7日までに90館で上映された。半年にわたる興行で動員数4万3717人、興行収入5005万4999円と、製作陣の予想を上回る記録を達成した。4月2日にDVDが発売されている。

 同映画祭はカナダで最も歴史が長く、北米で唯一、国際映画製作者連盟が公認するコンペティション部門がある映画祭。日本からも毎年多くの作品が出品されており、昨年は市川海老蔵主演の「利休にたずねよ」がワールドコンペティション部門で最優秀芸術貢献賞を受賞した。今年は本作のほか、さだまさし原作「サクラサク」もフォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140406-00000006-eiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
トラックバック

http://pietto.blog102.fc2.com/tb.php/624-c573bb9c

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能界の気になるニュース集めて配信 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。